2018年1月27日(土) 東京ドイツ文化センターにて日独ワイン文化会 設立及び第一回ワイン会を開催いたしました。 当日はドイツ人を含む20歳~40歳の23名の若年層の方中心にご参加いただき、山本広哉講師を迎えてワインの解説をまじえながら9種類のワインをテイスティングしました。
今回は「ドイツと日本を代表するブドウ品種」をテーマにSektやPinotNoirなどのほか、普段なかなか飲み比べる機会の無い日本とドイツで造られた【甲州・リースリング・ケルナー】の3品種を比較、さらにワインに合うハムやチーズ、パンなどと共にテイスティングを楽しみました。ワインのラインナップは以下のとおりです。
【ゼクト】
・Sekt Brut Kupferberg Gold

【白ワイン】
《甲州》
・2015er Koshu Sur Lie SHIRANE:Yamanashi
・2014er Mitterheimer Edelmann KOSHU:Rheingau

《リースリング》
・2014er Omori Riesling:Akita
・2016er Steinberger Riesling Qualitätswein:Rheingau

《ケルナー》
・2016er Dry Kerner:Hokkaido
・2015er Burg Layer Schlosskapelle Kerner Spätlese:Nahe

【赤ワイン】
・2014er Pinot Noir Qualitätswein Rotwein:Pfalz

【デザートワイン】
・2011er St.Urban Rheinhessen Auslese Ice:Rheinhessen

また、後半からはクイズ大会を開催。日独ユースネットワークの高橋会長進行の元ドイツに関する雑学や、ワインの問題などが出題され6チームが豪華景品を賭けてチーム一丸となって対決しました。 ワイン講座・クイズ大会と盛りだくさんの内容で第一回ワイン会は大盛況のうちに終了しました。今後も若年層の方にドイツワインの魅力が伝わるイベントを企画してまいります。